プロローグや過去の話はこちらのリンクから...



中学2年生になった私。

毎日の金縛りも、
変わらず続いていた。

私が毎日ストレスを抱えて
様々な感情を抑えていることなんて、
全く気付こうともしない母。 

そんな母からの厳しさは続く。


この頃には、
両親から毎月のお小遣いを
貰うようになっていた。

友達の話を聞くと、

お金が必要なときに、
使い道を話して度々貰う子。

毎月の金額が
決められている子。

色々なパターンがあったが、
私の場合はどれにも当てはまらず...


成績が学年で30番以内だったら、
月に3000円。

30番に入らなかったら無し。

そういうルールで
約束させられていた。


例え私が納得できなくても、
母にはそんなこと関係ない。

母からの提案は、
いつも強制なのだ。

「それが嫌なら、
お小遣いはずっと無しだけど。」

そう言われて、
仕方なく頷いた私。


「お金が無いと、
友達とも遊べない。
それは絶対に嫌だ。」

私はその思いで、
とにかく勉強した。


家での勉強が嫌で、
夜が苦痛でたまらなかったが、

定期テストになると、
更に勉強させられた。


私は頭が良い子では無かったので、
一夜漬けでテストに挑むタイプだった。

毎日毎日、
勉強させられていたのに、
まったく出来ていない。


勉強は嫌々していても、
成績は上がらない。

私は身をもって証明した。


テスト期間中は、
夜中や朝方まで机に向かっていた。

母が起きてると、
気が散って集中できないので、

母が寝るまでは、
適当に勉強していた。


しかし、
そんな私の狙いは
脆くも崩れ去り、

「えりかの勉強が終わるまで、
ここで寝るから。終わったら、
部屋に戻るから起こして。」

母は「心配だから」と言って、
私のベットに入った。


勉強中ずっと、
真後ろのベットに母が居る。

私には自由がないのだと
改めて思い知らされた瞬間だった。


「私が夜中1人で勉強するのを
心配して付き添ってくれるのだから、
お母さんは凄く優しいんだ。」
そう思って自分を納得させた。

しかし、これが更なるストレスと
なっていったのは明らかだった。


そんな集中できない状況でも、
どうにか覚えるしかなかった。

私には“お小遣い”が
懸かっているのだから。


テスト期間中、
毎日寝不足になっていた私は、

両目の瞼の裏側に、
沢山のメイボが出来る程だった。

それは20年近く経った今でも、
しっかりと私の瞼の裏に存在している。

いつかは手術をして
除去しないといけないのだろうか。

そのメイボを見る度に、
昔の嫌な記憶が蘇る。



定期テストの度に、
30番以内を目指していたが、
残念な結果の時もあった。

そんな時は、
お小遣いが貰えない。

自然と友達とも
遊ばなくなっていった。


中学生の頃の遊びと言えば、

友達と集まって、
少し買い物に行ったり、
ファーストフード店で
お昼ご飯を食べたり。

ただ集まって喋るだけの
お金を使わない日もあったが、
お金が必要な日もあった。

最初はお金が無くても
行っていた私だったが、

次第に、お金が無い日には
行くのをやめるようになっていた。


そんな事を繰り返している内に、
いつも集まっている
友達の遊びは徐々に進んでいく。

休みの日には、
友達の家でお泊まり会を
するようになっていた。


私はすごく行きたかったが、
母が行かせてくれる訳がない。

「中学生で外泊なんて絶対にダメ。」

そう厳しく言われていた。

しかし、
お泊まり会に行った友達と学校で会うと、
話についていけない場面もあり、
みんな楽しそうで本当に羨ましかった。


そんな事が続き、
私は必死な思いで、
母に頼み続けた。

絶対に許してくれない母だったが、

私が泣いて怒って
しつこく言い続けた結果、

母が渋々許可してくれた。


しかし、
みんなと同じ時間に
行けるわけではなく、

私が行けるのは、
夜10時頃の就寝時間だった。

「みんなと寝たいだけでしょ?
だったら寝る時間に連れて行くから。」
母からは嫌味のように言われた。

それでも行ける事が嬉しかった私は、
途中からでも参加した。


初めてのお泊まり会。

そこには自分の知らない
世界や空気感があった。

正直、
「私が来れなかった間に
なんか入りにくい雰囲気...」
とちょっと引け目に感じた。

でも、結果的には
友達と夜中まで喋り、
楽しい時間を過ごして、
私の心は満たされた。

...と必死に自分の気持ちを
誤魔化していたのだろう。


私はこの頃には、
周りに引け目を感じても、
自分の感情を誤魔化して抑えて
明るく振る舞うという癖がついていた。

今思うと、、、

家族や親戚、
周りの大人にだけではなく、

友達にも必死に合わせて、
偽りの自分で過ごしていたのだ。


でも、それらが私の中で、
“心から楽しかった思い出”
となっていることも事実。

そんな日々が
当たり前になり過ぎて、

私はもう、本当の自分を
見失っていたのかもしれない。


「成績が良くないとお小遣いが貰えない」
「友達付き合いは最優先させない」
「中学生での外泊は禁止」

今思うと、
こういった母の教育方針は、
ごく普通なことかもしれない。

全ては私のワガママで
贅沢で甘かっただけ。

そう思うことも時々ある。


しかし、
こういったことの積み重ねで、

自分の感情を表に出せなくなり、
常に明るく楽しそうに振る舞う。

そういう偽りの自分の姿で
過ごすようになってしまったのも事実。


当時の私は、母の言動が、
自分の性格にこれほど影響しているなんて
全くもって想像していなかった。


「それは全て母のせい」
「教育方針は正解だとしても、
あんな言い方をしていた母を許せない」

母を恨むことで少し楽になる自分と、

「それは全て自分のせい」
「私は本当にダメ人間で、
自分が弱かったから悪いんだ」

母のせいにする事がダメだと思い、
自分を責め続けている私。


一体、何が正解なのか、
今の私は余計に分からなくなっている。


つづく。